くぜらしく

本当の自分でいることがみんなのためになる。

【お昼に書くブログ】夢を語るやつをバカにするやつを怒る学生

こんにちは、こんばんは。 昨日の仕事終わりの帰り道。 多分中学生くらいの男子が道端でで話していました。 立ち止まって聞いていたわけではなくて、通りすがりに聞こえてきたので、話の始まりはわかりません。 ただ、すごく共感できたので書き留めておこうと。 男子A「夢を語りやつをダサいとか言うなよ」 多分一緒にいた子が誰かのことをバカにしたんでしょう。 男子B「だって叶わない夢語ってダサいじゃん」 A「ダサいとか言うな。」結構声量でかめ 続けてA君はこういう言います。 「じゃあお前は人前に立ってギター持って演奏できんのかよ。普通そんなんできないじゃん。普通にできないことをしてる人をダサいとか言うな!」 この後のB君の返事は聞こえませんでしたが、熱いハートの持ち主だと思いました。多分中学生くらいだと思いますが、いつまでもその心でいて欲しい。 いつから人は、他人をバカにするようになるのでしょうか。自分もバカにしていたことがあります。保育園の時とかかっこつけマンとか言ってS君のことをバカにしていた記憶があります。 誰かと自分を比べた瞬間、差というものが生まれます。この差が気に入らないのかな。比べなきゃいいんですけど、比べがちな今の世の中。 バカにしていたB君も本当は胸にしまっていて口には出せないけど、やりたいことがあるんじゃないかと思いました。だから、やりたいことをしている人を羨ましく思って、ダサいって言ったんじゃないかな。 いつか頑張ってる人を応援できる人になって欲しいものです。 では、午後もがんばります。 読んでくれた方ありがとうございました!